FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小畑健の絵よりも、べっかんこうの絵のほうが真似するのが難しかった

ふと思い立って、絵を描き始めて、1ヶ月くらい。
「練習したら、二次元美少女を描くことができるのかどうか」ってのを試してみたくなったってのが動機。
やっぱ、一応、オタク系のブログをやってる以上は、自作絵をアップしたりしてみたい。トップ絵を自作絵で飾ったりとかしちゃったり。
と思って、暇さえあれば、絵を描いてた。

目標は「かわいい女の子を描くこと」なので、顔さえ描ければそれでいいやと思った。
複雑なポーズとか、構図とか、そんなのはいらない。

だけど、さすがに、誰かの絵を参考にせずに、絵が上達するとは思えなかったので、自分がかわいいと思う絵を模写してみた。

いくつか模写してみた、そのなかの一つに、べっかんこうの絵があった。

夜明け前より瑠璃色な 通常版


オーガストっていうエロゲメーカーの絵師。とても、人気がある。

人気があるのも当然だと思う。この人の絵は、線が丸っこくて、女性的な柔らかさがあって、とても好き。
すごく、かわいいと思う。

だけど、絵が上手いとはぜんぜん思わなかった。

単純そうな絵だし、こんなのは簡単に真似られるはず。
そう思ってた。

で、
実際に模写してみた絵がこれ。











gazouzzz0001.jpg




念のために言っておくけど、これは、かなりマシになったほうだから!!!

何回も、何回も消しゴムでごしごし消して、線を修正し、改正し、マシになった絵がこれ。

最初はもっと、ひどかった。
とにかく、目と顔のバランスがまったくわからない。目が、顔のどこらへんの位置についているのか、よく把握できなくて、やたら苦労した。

こうやって、出来上がったものを見てみると、これでも、目が小さいのかー。それに、目の位置が、実際はもっと下みたい。
何回か、目を修正したんだけど。

べっかんこうみたいな、いわゆる萌え絵って、とりあえず、目をデカくしとけばそれでいいんだろ、簡単だ、こんなの。と思ってたんだけど、実際に描いてみるとすごくむずかしかった。
たぶん、いとうのいぢとかも描きにくいんだろうなあ。
いたる絵?それは確実に無理です。

これとは逆に、予想してたよりも、意外と描きやすかったのが、小畑健の絵で、




ヒカルの碁 (23) (ジャンプ・コミックス)
ヒカルの碁 (23) (ジャンプ・コミックス)


これに載ってた、伊角の絵を真似してみたのがこれ。








gaouzz0002.jpg


これを描いたときは「上手く描けた!」と思ってたんだけど、こうしてみると、顔がかなり違うな。なんだか、ヤクルトの青木に似てしまった。

まあ、似てないのはとりあえず、この人の絵はすごく描きやすかった。
べっかんこうの絵を描いてたときは、顔のパーツがどの位置にくるのかがよくわかんなくて、何回も描き直したんだけど、そういうのがまったくない。
あるべきものがちゃんとあるべき位置にあるって言えばいいのか。描きなおすこともないから、消しゴムもほとんど使わなかった。

小畑健といえば、誰もが認める絵の上手い人。いっぽう、べっかんこうはあまり絵の上手い人だとは思われていない。「おなじ顔しか描くことができない」って、よく揶揄されていたりもするし。

だけど、実際に描いてみたら、小畑健のほうが真似しやすくて、べっかんこうは真似しづらかった。それがなんだか面白かったなー、っていう話です。

萌え絵が描きにくかったのは、現実から遊離してる絵柄だってのが理由の一つなんだろうけど、それともう一つ。キャラクター性が明確じゃないってのもあるのかなと思う。
たとえば、ミッキーマウスとかドラえもんみたいに、キャラクター性が明確な絵ってのは、簡単に描けるわけだし。
たとえば、鳥山明の絵なんていうのも、キャラクター性が強くて、真似するのは簡単。

とは言っても、プロじゃなくてアマチュアの人が、萌え絵を描きこなしているのは、よく見かけるわけで、ただ単に自分が萌え絵を描くのが苦手だというだけの話なのかもしれないですけど。



| 雑記 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おっぱい

シャープペンでざざっと描いてみた。




mizugi0009.jpg


こうやってみると、おっぱいと水着がちょっと・・・・。
やっぱり、グラビア写真でも見て、参考にすればよかった。
だけど、おっぱいを描くのは、なんか楽しい。



| 雑記 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デルへの愚痴

横のメモ帳のところで書いてたんですけど、デルのPCが買ってから一年もたたずに、ぶっ壊れました。

まあ、この『デル』のノートPCは届いた初日にフリーズしやがったくらいの、やんちゃ坊主だったんで、早晩、ハードディスクがイカれることは予想してました。
なにせ、1日に1回は律儀にフリーズしてましたから。しかも、いったんフリーズすると、強制終了も受け付けなくなっちゃうんで、いちいち電源を切ってました。

明らかに初期不良品なわけですけど、最初のほうは、さすがに1週間に1回ペースでのフリーズだったんで甘く見ていたのと、ちょうどその時期、すんげー忙しかったので、忙しさにかまけているうちに、返品猶予期間が過ぎていたと。
まあ、そういう事情。

不幸中の幸いというべきなのか、買ってから1年の保障期間中に壊れてくれたんで(その間は無料で引き取り修理してくれる)、早速、デルに電話して、修理してもらうことに。
とはいうものの、自分は小心者で、どれくらい小心者かというと、回転寿司で好きなネタを職人に頼むことができず、干からびかけているサーモンを取って、マズいと思いつつ食ってしまう、それくらいです。

こんな自分が、なんだかんだと難癖をつけて、引き取り修理を回避しようとするという噂もある、百戦錬磨のデルオペレーターに対抗することができるのでしょうか?
ここは、タフネゴシエーターでいかなくては。

デル「どうなさいましたか?」

自分「PCが起動しなくなったんですけど」

デル「新しいプログラムをインストールしたなど、なにか心あたりはあるでしょうか?」

自分「1日に1回はフリーズしてたんで、それが原因だと思いますけど・・・・」

デル「フリーズはどのような状態で起こりましたでしょうか?」

自分「PCを起動して、1、2時間たつと、画面がブラックアウトして、強制終了すら受け付けなくなるんで、電源を切ってました」

デル「この場合、ウィンドウズに問題がある場合がありますので、再インストールをおすすめ・・・」自分「もう、3回もしました。相変わらず同じ症状です」

こんなふうに、タフネゴシエーターぶりを発揮していると(何の誇張もなく、ただ単に事実を述べただけ)、電話をかけて5分もたたずにデル「それでは引き取り修理させていただきます」という展開に。

なんだ・・・・。評判とは違って、デルもやるじゃん。
任天堂並みの優秀なアフターサービス。
誰だよ、デルの悪口言ってたの。

オペレーターは「今回は特例として修理させていただきます」とか言ってました。買ってから1年以内という保証期間内に壊れてるのに、「特例」とは斬新な日本語の使い方だなあと思いました・・・・・。ちょっとセレブ気分。

修理に出してから、1週間ちょっとたって、PCが帰ってきました。
なんでも、ハードディスクが壊れていたので、交換したとのこと。

そのPCを起動して、2時間ぐらいたったころかな?
フリーズしてたの。

な、直ってねえ・・・・・・・・・。

いや、PCが起動しないわけだから、ハードディスクが壊れてるのはわかるし、それを交換するのもわかるんですけど、ハードディスクが壊れたのはフリーズの結果だからね、うん。
その根本原因をなんとかしてくれないと、どうせ早晩、またクラッシュするじゃん。

ったく、どういうことだよ。
だけど、「デルの診断プログラムで検査したところ、他のハードウェアには異常が見つかりませんでした」とか書いてあるし。

この「デルの診断プログラム(Dell Daiagnostics)」ってのが、やっかいな代物で、ハードディスクが壊れる前に、自分でも何回か検査してみたんですけど、「異常なし」って出るんです。
どう考えても、ハードのほうに問題があるのは明らかなのに。
そもそも、この診断プログラムのほうがおかしいんじゃないかと。

しかし、一応、「異常なし」って出てる以上は、なかなか引き取り修理にも応じてもらえないだろうし、もう、面倒になっちゃって、今度壊れたら諦めて新しいの買うか、このぶんだとあと半年ももたないだろうけど、と思ってました。

で、修理からPCが帰ってきて、2週間くらいかな。その間も、フリーズは頻発してたんですけど、もうそろそろ保証期間も切れることだし、一応、念のために「デルの診断プログラム」で検査してみようかなと思って、してみたら、エラーコードが出ました。つまりは、ハードウェアのほうに問題があると。

「やっと、やっとデルの診断プログラムがまともに仕事してくれた!」
逆説的な感動に打ち震えつつ、早速デルに電話。

エラーコードから判断するに、マザーボードかバッテリーに異常があるらしい。
つーことで、今はまた修理に出してるところです。

しかし、そもそも二週間前に工場でちゃんと診断テストしてたんですかね、これ。

| 雑記 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フィギュアスケートって不思議なスポーツだと思う

フィギュアスケートのGPファイナルを見た。浅田真央が優勝した。おめでと。


フィギュアスケートについては全くの門外漢なので、このスポーツの特性についてはあまりよく知らないんだけど、前々から、これはとても不思議なスポーツなんじゃないかと思っていた。ちょうどいい機会だから、メモ代わりに書いてみる。


浅田真央がGPファイナルに初出場し、優勝したのは、15歳だったっけか。タラ・リピンスキーが長野オリンピックで金メダルをとったのは15歳だ。


他のスポーツと比較すると、これはとても不思議なことだ。
たとえば、野球というスポーツで松坂やダルビッシュというのは天才的な素質を持った選手だけど、たぶん、彼らが15歳のときにはプロ野球選手には通用しなかっただろう。たとえ通用したにしろ、日本でいちばん優れた投手ではなかったはずだ。


それぞれのスポーツに必要な身体能力というのは異なっているものではあるけど、とりあえず、人間の肉体のピークは20代あたりのどこかにある。10代はまだ肉体的にも発展途上だし、技術的にも未熟なはずだ。


それなのに、この二人は10代中盤という若さで世界一になってしまっている。
これがなぜかというと、フィギュアスケートっていうスポーツには少女の肉体が適しているからなんだろう。


フィギュアスケートの最大の見せ場というのはジャンプにあるんだろうけど、アレは体重が軽ければ軽いほど有利なはずだ。つまり、成熟した女性らしい豊満な肉体は向いてない。
胸が大きかったりとかの、(男から見たときに)性的な肉体ってのは、それだけ脂肪がついているわけで、体重が重くなる。そのぶん、跳べない。だから不利。
最初のころに比べると、安藤美姫は体つきが女らしくなっているけど、その変化つれてジャンプで苦労しているように、素人目には見えた。


体操というスポーツでは女子選手はほとんどが少女のような肉体をしてる。実際に少女だったりもする。
いっぽう、新体操では、体つきが女らしい選手が多いようだ。
これは求められているものが異なっているってことなんだろう。


体操では女らしさは必要じゃない。いかに高く跳ぶか、いかに軽く跳ねてみせるか、そっちのほうがずっと重要だ。だから、少女の肉体が必要とされている。
だけど、新体操では女らしい肉体、それに付随する女性的な表現力みたいなのが必要とされているってことなんだと思う。余談だけど、浅倉南が新体操じゃなくて、体操の選手だったら、たぶん、タッチという漫画の評価も多少は変わっていたんじゃないか。


今回のGPファイナルでも、1位、浅田真央、2位、キム・ヨナは二人とも少女の肉体をしてる。
フィギュアスケートというスポーツでは体操と同じように、少女の肉体が求められている。


だけど、それと同時にフィギュアスケートでは新体操的な女性らしい表現力も採点基準になっているみたいだ。そこが不思議に思っていたところ。


フィギュアスケートの選手は表現力を身につけるために、バレエを習ったりするらしい。女性らしさもまた大切な要素なわけだ。


つまり、フィギュアスケートっていうのは、少女の肉体を持ちながら、どれだけ成熟した女性らしさを表現できるかという、とても二律背反的で、性的な意味でこんがらがったスポーツのように見える。
そして、少女の肉体のまま、いかにオンナを見せるかという一点においては、浅田真央よりも、キム・ヨナのほうが上手くできてるんじゃないかなあとも思った。
浅田真央って好きではあるんだけど、ぜんぜんいやらしくは見られないし。


| 雑記 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

凄腕ハッカにびびらされた

今日、このブログを見たら、いきなり変なサイトに転送されました。




なんだよ、これ。まったく知らないサイトなんですけど。



あ、これはハッキングされたと思いました。
具体的には、凄腕のハッカ(なにしろ凄腕なのでハッカーとか素人くさい発音はしない)がこのブログのパスワードをなんらかの方法で抜き出し、このわけのわからんサイトに転送するコードを書き込んだのだと。


あわてて、FC2のテンプレートのところのHTMLを見たんですけど、どこもあやしいところは見当たらず。たぶん、javascriptだろうと見当はついたんですけど、なにもそれらしい箇所が発見できません。
こういう場合は、他のテンプレートに変更すれば直るんじゃないかと思って、テンプレートを変えてみても問題は解決しない。相変わらず、わけのわからんサイトに転送されます。名前も知らない白人女性はこっちに微笑みかけてる。焦りに焦る。


テンプレートのHTMLでダメなら、もうプラグイン(サイドバーのところ)のほうに何か書き込んだに違いない。たぶん、そうだ。なにしろ凄腕のハッカだから、そんなわかりやすい箇所は避けるだろう。ということで、プラグインの中身を一つ一つ見ていったら、見たことがないjavascriptを発見。


<script src="http://thatsping.com/thatsping.js" type="text/javascript"></script>


これじゃないかと思って、削除してみたらビンゴ!ちゃんと、元通りになりました。


いやー、よかった、よかった。安心して胸をなでおろしてたんですけど、よくよく考えたら、ハッカがまだ、このブログにアクセスできる状態にあることに気づいた。やべぇ。超やべぇ。
あわてて、ブログのログインパスワードとメールアドレスを変更する。念には念を入れて3回くらい変える。メールアドレスはわざわざ、新しいのを取得して、それに変更しました。


豚速の近況・・・


なにしろ、この記事のように「ブログのパスワードを抜き取られて、記事を全削除されてしまった」人のことを知っていたので、さすがに怖かったです。


しかし、このブログはそんなに目立っているわけでもないし、なぜ、こんなブログのパスワードを抜き取り、悪質ないたずらをする人がいるんでしょうか。
何か人の恨みを買うようなことを書いた覚えはアレだ。きっとアレだ。声優の小清水亜美のことを「日本一かわいい馬面」と誉めてるんだかケナしてるんだかわからない形容をしたアレだ。アレが小清水亜美のファンの凄腕ハッカの逆鱗に触れたんだ。たぶん、そうだ。きっとそうだ。そうに違いない。なんだよ。こっちだって、小清水亜美のファンだっていうのに。ただ、ちょっと口が悪いだけなのに。だけど、記事を全削除とかのとんでもなくひどいことはされず手加減をしてくれたのは、同じファンということで通じ合うものがあったんでしょうか。敵ながら天晴れみたいな感じで。だから敵じゃないんですけど。


まあ、みなさんもブログのパスワードは定期的に変更しておいたほうがいいかもしれません。小清水亜美ファンの凄腕ハッカにねらわれないとも限らないので。


おわり。



[追記]

少し時間がたって、頭も冷静になってから、

<script src="http://thatsping.com/thatsping.js" type="text/javascript"></script>


このコードをググってみたら、意外な事実が明らかになりました。



これを貼り付けたの自分だ・・・・・・。


すっかり忘れてたんですけど、これはザッピングとかいうウェブサービスの一種で、仕組みはよくわからないけど、アクセスが増えるらしいということで数ヶ月前に貼り付けていたのです。
だけど、特にアクセスがぜんぜん増えなかったこともあって(アクセス解析を見てもぜんぜん見当たらないレベル)、プラグインのなかに置いていたこと自体をすっかり忘れていました。


 今朝から、自分のブログのページがすべて変なサイトに転送されてしまうので、めちゃめちゃ焦っていたのですが。
 どうも、昔はったthatspingのスクリプトが、転送処理をしているようです。
thatsping.comのドメインが乗っ取られてしまっているようです。



この記事の追記まで読むと、事情がよくわかります。
ブログパーツの類はこのブログではそんなに使ってないこともあって、だいたいは把握してるんですけど、あまりにも役に立たないブログパーツだったので、存在自体を失念してました。
レンタルビデオ屋で借りた、つまらない映画に限って延滞してしまう、みたいな感じです。まあ、もう二度と使わないですけど、こんなの。
ところで訪問者の方には、たいへんご迷惑をかけました。ごめんなさい。


[関連リンク]
不用意にブログパーツを貼り付けることの危険性

ここを読むと詳細がわかります。

| 雑記 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。