FC2ブログ

2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「CLANNADに出てきた野菜炒め」:12月後半のメモ

memo001yasai.jpg

もやしが4本。


[12月後半のメモ]

≫ 続きをよむ

| メモ | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

らき☆すたに出てきたハルヒの水着がアレだった

らき☆すた(2007)の20話に涼宮ハルヒによく似たキャラが出てくるんだけど、この前、久しぶりにこの回を見ていたら、妙な違和感を覚えた。なんだろう、この違和感。
もう一回、見かえしてみた。


mizugiha004.jpg
mizugiha005.jpg
mizugiha001.jpg


そうか。これが違和感の正体か。


当時、このシーンを見てたとき、私はなにも感じなかったはずだ。しかし、月日がたち、自分が知識を得たことによって、このハルヒに異なった意味を見出すようになったのだ。
まったく同じ観測物でも、観測者の知識や体験によって、見えてくる光景がまったく異なってしまう。
つまりはそういうことらしい。


それじゃ、違和感とはなにか?




mizugiha002.jpg
mizugiha003.jpg

ハルヒの水着がAYA STYLE・・・・・・。


AYA STYLEといえば、2008年の8月ごろに、声優の平野綾が水着を逆さに着けていることが、ネットの一部で話題になった事件のことだ。

[参考]
平野綾が 水着逆さ に着てるwwwwwwww


神さまはときに、こんなに奇妙な偶然を見せてくれるものなのか・・・・。神さまも他にやることあるだろと思わんでもないけど。


しかし、こうなってみると疑問が生じる。
AYA STYLEなデザインの水着というのは実在してるもんなんだろうか。こうしてアニメで描かれているんだから、なにかを参考にしたんだろうし。
いや、平野綾が水着を間違ってつけているのは確かなんだろうけど、このタイプの水着ってよくあるものなのかどうか、実はよく知らなかったのだ(平野綾さん、ごめんなさい。水着について、よく知らないくせに、わいわい盛り上がってました。だけど、面白かったんだ・・・・・)。


なので、独自にリサーチを試みてみた(リサーチ=アイドルのグラビア写真をいくつか見てみただけ)。


綿密なリサーチの結果、AYA STYLEの水着を着けているアイドルがたしかに存在していた。
AYA STYLEな水着を着けていたアイドルの例:新垣結衣、高橋愛(モーニング娘)


なので、AYA STYLEな水着は確実にあるらしい。


最近、平野綾が語ったところによると「スタイリストにこう着てください」といわれたまま、水着を着たらしい。

[参考]
平野綾、「水着事件」について謝罪していた 【音声追加】


これ、最初は「スタイリストのいじめかよ、ひでー」とか思ってたんだけど、たぶん、スタイリストも本当に間違ってたんじゃないかと思う。なにしろ、ハルヒもAYA STYLEだったわけだし。

| 感想 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Amazonおまかせリンク(R)に「おまかせ」していいのか疑問

Amazonおまかせリンク(R)

Amazonおまかせリンク(R)は、あなたのWebサイトの内容に沿った商品を自動的に表示する便利なリンク方法です。


どうせ、あまり売れないので(一月に1000円くらい)、いちいちリンク貼るのも面倒かと思ってつけてみました。自動的にページにマッチした商品を表示してくれるのは便利ですし、何を意味しているのかはよくわからないけど、語尾についた(R)がかっこいいし。



ちなみに、『らき☆すたに出てきたハルヒ水着平野綾AYA STYLEに似てた』っていう内容のこの記事
この内容にマッチした商品というと、らき☆すたのDVDとか、ハルヒのフィギュアとか、平野綾さんの写真集、または例のカレンダーあたりじゃないかなあと思ってたんですけど、実際に表示されていた、Amazonおまかせリンク(R)の商品がこれ。







hiranosan001.jpg


「平野」のシャチハタ。
気のせいかもしれないですけど、これを買ってくれるのは、「平野」という名字の人だけじゃ・・・・・。


| ブログ作成 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バクマン。のヒロインが無個性であることの意味

バクマン。 1
バクマン。 1


バクマンおもしろい。ということで感想。
サイコー(真城最高)とシュージン(高木秋人)という二人の少年が漫画家を目指すっていうのが大まかなストーリーなんだけど、こんなテーマなのに、なぜか少年マンガっぽいというか、ジャンプっぽい読後感があって、そこが不思議。


この点と関連してるんだけど、前から気になっているところがある。
この漫画のなかに亜豆美保という女の子が出てくる。


baku00002.jpg


まあ、平たく言えばヒロインだ。主人公のサイコーが惚れている。なんでも、声優になりたいらしい。
最初は漫画家になるのをためらっていたサイコーが、漫画家になることを決意するのは「自分たちの漫画がアニメ化されて、彼女が声優として出演する」ことを目標としてからだ。
つまり、彼女はストーリーの牽引役になっているわけだけど、この亜豆美保。なんだか、、、、、個性というものが感じられない。


文学的な内面を感じさせないし、かといって、萌えキャラ的なケレン味があるわけでもない。
「恥ずかしがりやでかわいい女の子」というテンプレにそった言動ばかり。男が求める理想の女の子像の最大公約数。


この個性のなさって、ただ単に人物造型が未熟なだけなんだろうか?
そんなわけない。この個性のなさっていうのは、明らかに計算してやってるんだと思う。


というのも、1巻のなかでシュージンが亜豆美保をこう評している。


亜豆は計算じゃなく
素で女の子してるんだ

(中略)

声優目指してるのだって
今の女の子にありがちな夢を自然にチョイスして
その夢見る乙女を最大限に
楽しんでるくらいにしか思えない


「女の子だから?」(とサイコーが尋ねる)


そう「女の子だから」がわかってるんだ
可愛いお嫁さんになるのが
女の一番の幸せって生まれながらに思っている



これはたぶん、キャラ設定の文章をそのまま書いてるんじゃないかと思うんだけど、亜豆美保はかわいい「女の子」なのである。それ以上でもそれ以下でもない。


そして、彼女の物語上の役割とはなんだろう?
ニンジンだ。言い方は悪いかもしれないけど、彼女は主人公の鼻先にぶら下げられたニンジンなのだ。
ニンジンに個性は必要だろうか?ニンジンはただニンジンとしての役割を果たせばいい。
むしろ、無個性であるほうが、ニンジンであることの意味が明らかになっていい。


とでもいうような、ある種の割り切りかたを感じた。
そして、この割り切りが、この漫画にスピード感を与えているのだし、少年マンガっぽさ、ジャンプっぽさを感じさせる一つの要因なんじゃないかなあと思った。


あと、気になるのは最近出てきたアニメのプロデューサー(なのかな?)。オーディションに来た亜豆を顔だけで合格にしたエロ爺。
あいつには期待してる。主にピロー的な意味で。正直に言うと、2009年、個人的にもっとも期待をかけているのがあの爺。

| 感想 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しゅごキャラ「日奈森あむと月詠幾斗がベッドで一夜を過ごす」:1月前半のメモ

しゅごキャラ「日奈森あむと月詠幾斗がベッドで一夜を過ごす」


(注)この女の子は小学生です


ちなみに、この二人は以前、狭くきつい穴に硬い棒をねじこむという共同作業にいそしんでいた前科があります。
重要なことだと思ったので、報告させていただきました。
アグネス・チャンさんへ。



[1月前半のメモ]

≫ 続きをよむ

| メモ | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

床屋さんが語っていた「ハゲやすいのはこんな人」

ハゲることは人生における最大の苦しみというわけではない。


dream0001.jpg



だけど、誰もハゲることを望んでいないということも、また確かな事実だ。


そりゃ、ハゲてしまうのはどうしようもないのかもしれない。運命だ。遺伝だ。そういうもんだ。
だけど、ハゲる未来とハゲない未来があるのなら、自分はハゲないほうを選びたい。・・・・って、そりゃ、みんなそうだろうけど。


ハゲの話題が出ると「欧米ではハゲてるのはかえってセクシーだと思われる。ショーン・コネリーなんかがいい例」などと、メタ視点を持ち出して問題の無効化をはかる人がよくいるけど、まず第一にここは欧米じゃないし、あなたも私もショーン・コネリーじゃないという基本的な認識が抜けている。


早い人になると、20代後半からハゲ始めるので、男にとってハゲというのはまさに、今ここにある危機だ。
ハゲ予防にはいろいろな方法がある。頭髪を清潔に保つとか、頭皮に刺激を与えるとか。ドラッグストアに並ぶ育毛剤の数を見るだけで、人々のハゲ予防に対する意識の高さがうかがいしれる。


さて、ハゲ予防に関して、以前、テレビで床屋さんが言っていたことがとても印象深かった。
たしか、ハゲの特集かなんかで、町の床屋さんにインタビューしてたんだと思うが、そこら辺の細かいシチュエーションは定かじゃない。
なんでも、その床屋さんによると


「ハゲやすいのは呼吸の浅い人」


だというのである。


もちろん、これは科学的な根拠があっての話ではなく、あくまで、その床屋さんの経験知によるものだろうけど、なんだかひどく納得してしまった。
そういえば波紋の呼吸法を身につけたリサリサは50歳なのに、20代後半にしか見えなかったし!!!


漫画の話を現実に結びつけて考えると頭の弱い人だと思われかねないので、リサリサの件はここまでにしておくけれども、この床屋さんの話はなかなか示唆に富んでいるんじゃないかと思う。


ストレスを強く感じるとハゲやすいという。そして、ストレスを感じている人は呼吸が浅い傾向にある。
ひょっとしたら、そういう因果関係から、その床屋さんは「ハゲやすいのは呼吸の浅い人」という経験知を得たのかもしれない。


逆に考えれば「呼吸の深い人はハゲにくい」と言える・・・・・のかどうかは知らない。
だけど、たとえば、ヨガや禅などでは、呼吸をゆったり、深く行うことで、精神を落ち着かせるという手法を使うわけだし、意識的に呼吸を整えてみるのは決して無意味ではないと思う。
ハゲ予防に効果があるかどうかはさておいても、とりあえず健康にいいことは確かだし。
というわけで、皆さんも深く呼吸をすることを意識してみてはどうでしょう。


[関連リンク]
若ハゲ・はげのウソ・ホント

| 雑学 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

この発想はなかった・・・・・

愛理のメアドが判ったかも試練

1 名前:ょぅι゙ょ..._〆(゚ω゚`) ◆JSJCJK/6K6 投稿日:2009/01/16(金) 18:57:03.09 O
?PLT(16180)
愛理の物と思われるメアド 例えば
airi.0412@~各キャリア
kappaairi@~
とか適当に作って送るのが日課だったんだが
まぁ当然返信は毎回アドレスはありませんだったんだけど
さっき送ったアドレスがちゃんと使われてるやつだったんだよ
どうしよう震えが止まらん

2 名前:名無し募集中。。。 投稿日:2009/01/16(金) 18:57:25.88 0
マジキチ

3 名前:名無し募集中。。。 投稿日:2009/01/16(金) 18:57:51.07 0
気持ち悪いとかそうゆうレベルじゃない

4 名前:名無し募集中。。。 投稿日:2009/01/16(金) 18:57:56.76 0
愛理ヲタのおっさんから返事が来るよ

7 名前:名無し募集中。。。 投稿日:2009/01/16(金) 18:58:50.25 0
ぞっとする趣味だな


8 名前:ょぅι゙ょ..._〆(゚ω゚`) ◆JSJCJK/6K6 投稿日:2009/01/16(金) 18:59:44.11 O
返信来たけどただの愛理ヲタだったわ
気持ち悪い

*愛理=鈴木愛理。ハロプロ所属のアイドル(14歳)。

世の中には無駄な努力をしてる人っているもんだなとしみじみした。日本のGDPを幾分かは確実に押し下げてる。

しかし、これって変わった名前(芸名)の人だったら、厄介なことに成功しちゃったりするのかもしれない。たとえば、おすぎとかピーコとか。
もっとも、おすぎやピーコのメールアドレスを知ってどうするっていう根本的な問題があるわけだが。




| 戯言 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しゅごキャラは「夢を追いかける」ことの意味を拡大解釈しすぎ

しゅごキャラといえば、夢を追いかける少年少女の背中を「夢を信じ続けてもいいんだよ」とそっと押してやる日奈森あむの姿が印象的な良番組である。かくいう私も熱い視線を送っている。とりあえず、あむの耳をはむはむしたい。


さて、今までも、バレリーナになりたい少女や手品師になりたい少年などを応援していたしゅごキャラであるが、最近、ちょっと妙なものを応援しちゃっていたので、ここで報告しておく。


第67話。
この回でも、夢を追いかける女の子が出てくる。


shuf00001.jpg

「ベントラー、ベントラー、スペースピープル!」


どうも、今回の夢追い人は一筋縄ではいかなそうな予感。




shuf00002.jpg

今回の夢追い人である少女、草薙那由他(なゆた)。
呉智英なら確実に怒り狂いそうな、この名前は父親がつけたもので「なゆた」というのはインドの言葉で「一千億」という意味らしい。



この那由他はUFOに並々ならぬ興味を持っていて、夢はUFOと交信すること、出来ることなら宇宙人にインプラントを施されたいらしい。
UFO関係にはあまり詳しくないので知らなかったが、インプラントというのは宇宙人に拉致されて、機械を体内に埋め込まれることだそうだ。・・・・なる、・・・・ほど。


天真爛漫に見える那由他だが、彼女にも悩みがあった。
それはみんながUFOに関心を持ってくれないこと。
川原に出来たミステリーサークルも、みんなは「偽物だ」といって信じてくれない。
実際、このミステリーサークルは偽物だったので、実は「みんな」のほうが正しかったりするんだけど、それはともかく那由他は悩み、迷っていた。


最近のしゅごキャラでは「悩んでいる少年少女は変身して、あむ達と闘う」システムになっているので、この那由他も変身して大暴れすることに。
そこに駆けつけたあむと対峙する那由他。



shuf00004.jpg

那由他「あなたも私の夢をくだらないっていうの?」




shuf00003.jpg

あむ「くだらないかどうかは人が決めることじゃないよ。どんな夢でも一生懸命追いかけることが大事なんじゃん!」


えっと、この女の子の夢は「UFOと交信すること」で、できることなら「宇宙人に肉体改造されたい」とすら思ってるんだけど・・・・。


「どんな夢でも一生懸命追いかけることが大事」
一般論としては正しいのかもしれないけど、このケースはどうだろう?「夢を追いかける」ことの意味を拡大解釈しすぎのような気がする。
「バレリーナになりたい」「手品師になりたい」などの夢と「UFOと交信したい」を同列に扱っていいのだろうか。
一つだけ明らかに「夢」の方向性が違う。この場合は「夢うつつ」とか「夢物語」とか「白昼夢」とか、そっちのほうの夢なんじゃないかって思うんだけど。



| 戯言 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。