FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

水樹奈々のインタビュー記事がそこはかとなく可笑しい

才色兼備の声優シンガーはオリコン2位! アニメ界を牽引する水樹奈々を直撃!


水樹奈々のインタビュー記事。
これまでの彼女の足跡やそれにまつわる苦労などが語られている。それはそれでいいんだけど、いろいろと引っかかるものを感じた。主にインタビュアーの文章が。


たとえば、この記事によると、水樹奈々は『容姿・実力ともにナンバーワンと目されている』声優らしいのだが、リード文には彼女の代表的なキャリアとして『NARUTO』の日向ヒナタがあげられていたりとか(ヒナタって・・・・。いくらなんでも地味すぎるわ!)。


このインタビュアーさんは、自ら書いているように、あまりアニメ、声優には詳しくないらしい。それは別にいいんだけど、その知らないということが、そこはかとない可笑しみを発生させている。
「あの動物はなんというのだ?」「カンガルー(わからない)」「そうか、カンガルーっていうのか」
異文化コミュニケーション的な、巧まざるユーモアを感じる(*1)。
それが、よく表れているのがここ。

声優さんをインタビューする機会はあまり多くないが、水樹奈々さんは、ものすごく普通の女のコだ。代々木アリーナ・ライブの派手な演出や、色とりどりのライブ衣裳を見ていると、入ってくるなりアニメのキャラクターの声で「オッハー」とか言われたら、と用心して構えていたが、実際は拍子抜けするくらいごく常識的なお嬢さんである。


これは水樹奈々が予想していたよりも、ずっと普通で常識人であったことに感銘を受けたことを言いたいのだろうし、それはわかる。
だけど、そもそも予想していた人間像が「初対面の人間にアニメ声で『オッハー』と挨拶する」などという、非常識極まりないものであるなら、水樹奈々のみならず、たいていの人間は常識人にカテゴライズされるんじゃないかと思った。


(*1)ところで、このカンガルーの逸話って、正しくないらしいです。初めて知った。

| 感想 | trackbacks:1 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://saionman.blog15.fc2.com/tb.php/113-9b586929

TRACKBACK

モビルスーツを脱がさないで モビルスーツを脱がさないで

きょうのDNF:休日出勤中に資料を汚す。 仕事の調べもので『ぴあ シネマクラブ』のページを繰っていたら、たまたま「機動戦士ガンダムシリーズ」の項が目にとまり、とくに意識することもなくふとリードにだけ目を走らせたとたん文字どおりほんとうに煎茶を吹いた、という...

| 解決こそが、問題を生む | 2008/12/24 03:19 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。